FC2ブログ

相模川芝ざくらまつり(神奈川県相模原市)

 JR中央線八王子駅からJR横浜線を経由して、JR相模線相模台下駅で下車。相模川方面へ15分ほど歩くと、「芝ざくらライン」に到着。
 「相模川左岸の堤防にある通称『芝ざくらライン』は相模川の環境保護のために地元の老人会や自治会、地元企業の資機材提供、そして市民の奉仕活動など多数の協力を得て植栽されたもので、約1400メートルと日本一の長さを誇」る(相模原市観光協会HP)。
 まだ桜の花が咲く芝桜ラインに沿って散策。さらに北へ歩き、JR相模線下溝駅から帰途につく。
<写真>
⇓相模川芝桜ライン
相模川芝桜ライン2019041801
相模川芝桜ライン2019041802
相模川芝桜ライン2019041803
⇓芝桜と桜
相模川芝桜ライン2019041804
⇓相模川
相模川2019041805
スポンサーサイト

 京王フローラルガーデン(東京都調布市)

 京王相模原線「京王多摩川駅」のすぐそばにある「京王フローラルガーデン アンジェ」を散策した。
「心地よい自然にあふれた欧風庭園」という気持ちを込めて「アンジェ」と名付けたという。「3月中旬から5月上旬にかけて白、ピンク、紫、黄の見応えある花」マグノリア(モクレンとコブシなどの総称)が順々に開花する。「また、マグノリアの足元には『五感で楽しむ庭』をテーマにエリアごとに様々な植物が植栽されてい」る。
 このガーデンのリーフレットによると、以下のようなマグノリア(モクレン属)が見られるという。クリーム色の「サヨナラ」、淡い黄色の「エリザベス」、紫の「アレキサンドリア」など。いずれも交配を重ねた園芸品種だという(家庭画報の「花の名所」などより)。
<写真>
京王フローラルガーデン2019041401
京王フローラルガーデン2019041402
京王フローラルガーデン2019041403
京王フローラルガーデン2019041404
京王フローラルガーデン2019041405
京王フローラルガーデン2019041406
⇓ユキヤナギのほか、たくさんの植物がみられる
京王フローラルガーデン2019041407