FC2ブログ

初夏の北海道 ③富良野~ラベンダーの里

 JR北海道富良野線鹿討(しかうち)駅から歩いて20分くらいのところで2泊する。上富良野のペンション「コスモス・ファーム」に泊まったほうがなにかと便利であった。
 JRラベンダー畑駅(臨時)で降り、「ファーム富田」へ。「約12haの広大な敷地に、季節ごとに花が咲く。ラベンダー、ポピー、カスミソウ、コスモスなど、その種類は1000以上。7月のラベンダーが咲く時期から8月が最も美しく、多くの人で賑わう。」(資料①より)私はもう一か所、ラベンダー畑を訪れている。
 次にJR富良野駅からバスに乗り、「麓郷(ろくごう)の森」へ(資料②)。ここでもレンタサイクルを借りる。歩いて行くと30分くらい。あちこち立ち寄るので、レンタサイクルがちょうどよい。ここ富良野市麓郷はテレビドラマ「北の国から」の舞台になったところ。バス停までの帰り道、広大な麦畑などを見てまわった。JR富良野駅東側では、富良野チーズ工房なども訪れている。
 富良野を訪れたあと、道東を巡る。釧路市、釧路湿原、塘路(とうろ)、茅沼(かやぬま)、小清水原生花園、網走を経て再び旭川市へ戻る。旭川空港、羽田空港を経由して帰宅。2週間にわたる旅を終えた。
 富良野へ旅行される方は、最新の情報を得るようにお願いします。また、東京をはじめ大都市圏では感染者が激増しています。地方への旅行はじゅうぶん注意してお出かけください。

<資料>
①ブルーガイド『てくてく歩き北海道』2013年
②Smart Magazine Hokkaido(「北の国から」のロケ地としていまも人気を誇る富良野市麓郷)より

<写真>撮影は2013年7月
⇓中富良野町「ファーム富田」。JR富良野線中富良野駅から徒歩25分。夏は臨時のJRラベンダー畑駅から徒歩7分。
富良野ファーム富田2013072901
富良野ファーム富田2013072902
富良野ファーム富田2013072903
富良野ファーム富田2013072904
富良野ファーム富田2013072905
富良野ファーム富田2013072906
富良野ファーム富田2013072907
⇓富良野市「麓郷の森」。テレビドラマ「北の国」の舞台
富良野麓郷の森2013072908
⇓麓郷の森。五郎が造った丸太小屋、敷地内には喫茶店などもある
富良野麓郷の森2013072909
⇓麓郷小中学校近くの、広大な麦畑
富良野麓郷の森2013072910
スポンサーサイト



初夏の北海道 ②美馬牛(美瑛)~パノラマロード

 JR北海道富良野線の上富良野駅から歩いておよそ15分のところにあるペンション「コスモス・ファーム」に2泊する。翌朝、ジャガイモ畑の路を行き、JR美馬牛(びばうし)駅へ。ここで、昨日に続きレンタサイクルを借り「パノラマロード」を巡る。起伏の多い丘なので、やはり自転車は疲れる。レンタバイクにすべきであった。のんびりと景色を楽しむため、レンタカーは最初から選択肢にはなかった。四季彩の丘、三愛の丘、新栄の丘などを訪れる。「うねりのある丘の畑に色とりどりの花が咲き誇り、見事な景観をつくりだしている。晴天の日に一望できる十勝岳連山の山並みも、感動的な美しさだ」(資料①)。
 これ以上楽しい「ひととき」はないと思えるくらい、北海道の雄大な大地を楽しむことができた。
 美瑛・富良野方面へ旅行される方は、最新の情報を得るようにお願いします。

<資料>
①ブルーガイド『てくてく歩き北海道』2013年
美瑛町観光協会トップ

<写真>北海道美瑛美馬牛、撮影は2013年7月
⇓JR北海道富良野線美馬牛駅。無人駅、自動券売機もなし、列車は来なかった
北海道美馬牛2013072301
⇓四季彩の丘、広大な敷地に花畑が広がる
北海道美馬牛2013072302
⇓左上の建物が事務所(入口)。正式名称は「展望花畑 四季彩の丘」で、熊谷農園の経営です
北海道美馬牛2013072303
⇓レンタサイクルで三愛の丘展望公園へ向かう
北海道美馬牛2013072304
⇓三愛の丘展望公園、眺めのよい丘の頂上にある
北海道美馬牛2013072305
⇓新栄の丘展望公園、夕焼けが美しいという
北海道美馬牛2013072306
⇓美馬牛駅へ戻る途中で
北海道美馬牛2013072307
⇓2泊した上富良野町にあるペンション「コスモス・ファーム」
北海道上富良野コスモス・ファーム2013072308
⇓コスモス・ファームの近くから(早朝に)撮った十勝連山
北海道上富良野十勝連山2013072309