五日市憲法草案 色川大吉氏

「五日市憲法草案」は旧西多摩郡五日市町(現あきる野市)の深沢家屋敷跡の土蔵(写真)で発見された。この屋敷はJR五日市線の終点武蔵五日市駅から徒歩でおよそ1時間のところにある。東京都心からはるか離れ、しかも鉄道も走らない明治のはじめ、この地ですぐれた憲法草案が作成されたことに驚く。あきる野市のパンフレット「五日市憲法草案ゆかりの地を巡る」によると、次のように書かれている。「五日市憲法草案は、昭和43年(1968年)にあきる野市(当時五日市町)深沢にある土蔵の中から発見された私擬憲法(民間有志による私案の憲法)です。標題は、『日本帝国憲法』と書かれていますが、発見者である東京経済大学の色川大吉教授(当時)によって『五日市憲法草案』と命名され、以降この名称で呼ばれています。……五日市憲法草案は、明治14年(1881年)に作られたと考えられています。……当時作られた私擬憲法の中でも、非常に条文が多いことが特徴の一つとして挙げられます。国民の権利にかかわる内容を多数盛り込んだ草案であり、現在の憲法にも相通ずる点があるのも特徴です」 発見者の色川大吉氏はいまも健在。色川氏の著書には『自由民権』(岩波新書)など多数ある。旧五日市町は1995年、秋川市と合併して現在のあきる野市となった。深沢家屋敷跡は、東京都あきる野市深沢7番地にある。JR中央線立川駅から青梅線で拝島駅へ行き、ここで五日市線に乗り換え、終点の武蔵五日市駅で下車。ここから徒歩かタクシーで行く。バスは走っていない。

<写真>上の写真は深沢家屋敷跡入口。門のくぐり戸から中へ入り、修復された土蔵をみることができる。土蔵のほか、門と倉庫が残されているが、母屋はない。下の写真は、五日市憲法草案が発見された当時の土蔵。これと同じ写真は五日市郷土館でも見ることができ、草案の関係資料も展示されている。
深沢家屋敷跡門
深沢家屋敷跡土蔵
スポンサーサイト

プロフィール

yamashiro94

Author:yamashiro94
東京都内、多摩地方、近県でカメラを持って散策しています。旅行・歴史・地理・文学・音楽などから最近気になったことまで、何でもとりあげています。写真なしの場合もあります。上の写真はマレーシアのクアラルンプール駅。2007年撮影。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR