FC2ブログ

上野 東京国立博物館

 上野は何度も訪れているが、今回の第一の目的は東京国立博物館(注①)のミュージアムシアターでVR作品「伊能忠敬の日本図」を見ること。
 JR上野駅の公園口を出ると、最初に博物館へ。写真撮影は、とくに断りがなければ可能(館内の掲示に注意が必要)。博物館を出ると、黒田記念館(注②)と寛永寺(注③)へ。前回の、寛永寺への訪問は正月であったため、本堂(根本中堂)に徳川15代将軍の肖像画が掲げられていた。来た道を戻り、不忍池(しのばずのいけ)を通り、上野駅から帰宅する。
 博物館では最初に、ミュージアムシアター(東洋館内)で、VR作品「伊能忠敬の日本図」を見る。この作品は、「東京国立博物館所蔵の『大日本沿海輿地(よち)全図』の高精細VR映像」で、「それまでより格段に精度の高い日本地図を作った伊能忠敬の偉業を解説」。「また伊能忠敬が日本地図をどのように作ったかを、バーチャル空間の中で実際に確かめながら学ぶことができ」る。

<写真>
①上野恩賜公園
⇓東京文化会館、東京の本格的なクラシック音楽のホール
上野20180601
⇓遠くのテントは、フィリピン共和国の独立120周年を祝うイベントのためのもの
上野20180602
⇓大噴水(池)の向こうに東京国立博物館が見える
上野20180603
②東京国立博物館 ※写真撮影は可能、撮影できない作品もあるので掲示に注意
⇓東洋館
上野20180604
⇓東洋館、毘沙門天天立像(びしゃもんてんてんりゅうぞう)。「木造、彩色 平安時代、9世紀 和歌山・道成寺」
上野20180605
⇓東洋館、イニ像浮彫(うきぼり)。「エジプト、サッカーラ出土 石灰石、彩色 古王国時代、前2254~2194年頃」
上野20180607
⇓本館、高村光雲「老猿」
上野20180608
③黒田記念館 ※作品の写真撮影は可能、フラッシュ撮影は厳禁
上野20180609
⇓黒田清輝「読書」。1年に3回、特別室で公開、2015年1月撮影
上野20180610
⇓上島珈琲黒田記念館店
上野20180611
④寛永寺
上野20180612
⑤不忍池
⇓池の中央にある散策路
上野20180613
⇓不忍池(蓮池) 昔から蓮の名所として有名、蓮の見ごろは7月中旬から8月中旬
上野20180614
<注>
①東京国立博物館は1872年(明治5年)に創設された、日本最古の博物館。5つの展示館のうち、今回は本館・平成館・東洋館を訪れる。多くの国宝や重要文化財があり、これらを丁寧に見ていると、一日ではとても時間が足らない。VR作品「伊能忠敬の日本図」のほか、「日本の考古」(平成館考古展示室)と「中国、朝鮮半島、東南アジア、西域、インド、エジプトなど美術と工芸、考古遺物」の展示(東洋館)などを鑑賞。なお、「国立」の名称がある博物館は、東京のほか、京都・奈良・九州の4か所。
②黒田記念館は東京国立博物館の「管轄」(2007年より)。原則週6日公開。黒田清輝(くろだせいき)の代表作である「読書」や「湖畔」などの代表作品を鑑賞できる特別室は、「年3回、新年、春、秋に各2週間、公開してい」る。
③寛永寺は天台宗関東総本山の寺院で、徳川将軍家の菩提寺のひとつ(もうひとつは家康の死後に創建された寛永寺)。幕末の上野戦争で主要な伽藍を喪失した。現在は台東区上野桜木にあり、本堂(根本中堂)は川越喜多院の本地堂(講堂)を移築したもの。
スポンサーサイト

コメント

いつも、ありがとうございます。

上野には、一昨年旅行で行きました。
掲載されていらっしゃる、フォトの風景を実際に見たのですが。

このように美しい映像で見せていただくと、
もう一度、居ながらにして、旅をしたような気持になります。
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご指摘、ありがとうございます。

間違いの指摘、大変ありがとうございました。
ご指摘の通り、高村光太郎は光雲の子でした。
他の日付の内容にも誤りがあるものと思われます。
今後も指摘くだされば幸いです。
ありがとうございました。

Re: いつも、ありがとうございます。

おはようございます。
上野は、不思議な魅力がある町ですね。
上野駅がかつて「北の玄関口」であったことと関係があるのでしょうか。
また、浅草など、上野の近くにも訪れたいところがいっぱいあります。
コメント、ありがとうございました。

No title

はじめまして。
いつも、訪問ありがとうございます。
上野公園。奇遇ですね。
私も、今回、載せました。次回は、不忍池近辺を載せる予定です。
見どころが、沢山あって、飽きませんよね。
(東京国立博物館には、入ったことありません。)

こんばんは。

コメント、ありがとうございました。
G&Gさんの記事を見て、ほぼ同じところを散策されていたのだと、驚きました。そして、コメントをいただきました。
上野や浅草は何度も訪れていますが、見どころがたくさんあり、飽きません。
今後もよろしくお願いいたします。
非公開コメント