FC2ブログ

北見市とハッカ

 北見市は、かつてハッカの世界的な生産地であった。この伝統を、今も守ろうと奮闘している企業がある。ところで、私は、ハーブ、ミント、ハッカなどの違いもよく分からない。そこで、このことを少し調べてみた。 
 1897年(明治30年)、北見地方に屯田兵や開拓移民団が入植すると、やがてこの地方で薄荷栽培が急速に普及。1934年(昭和9年)、北聯野付牛(現北見)薄荷工場が落成したことで、北見ハッカは世界のハッカ市場の7割を占めることになった。ところが戦後、ブラジルや中国などから輸入が急増、さらに輸入が自由化され、合成ハッカも台頭。1983年(昭和58年)、世界に誇った「北見ハッカ工場」が閉鎖に追い込まれ、北見のハッカ産業は衰退した。
北見地方の発展に大きな役割を果たした北見ハッカの歴史的・文化的遺産として、北見市は1986年(昭和61年)、旧ホクレン北見薄荷工場の事務所を改修し、北見ハッカ記念館を開設。なお、「ハッカの灯を消してはいけない」と、工場閉鎖の翌年(1984年)、「北見ハッカ通商」が発足。この会社(現在は株式会社)は、創業から四半世紀を迎え、地場原料の需要拡大と製品開発を活性化させている。現在、ハッカ栽培の面積は増反(ぞうたん)速度を一層早めている、という。

 ハーブは、ローズマリーやラベンダー、ユーカリなどの「木本類」と、バジルやミント、サフランなどの「草本類」に大きく分類(大分類)されるという。草本類に分類されているミント(中分類)だが、英語では「ミント」、中国語では「薄荷」。「ハッカ」はミントの和名だが、「ニホンハッカ」(和種ハッカ)を意味することもある。なお、「薄荷」は今から2000年以上前に中国から日本に伝わったという。
ミントは紀元前より世界中でさまざまな品種が栽培され、草や、抽出されたエキスは、私たちの生活にはかり知れない役割を果たしてきた。現在も、ハッカは、食品類や医薬品、香水、化粧品ばかりでなく、芳香剤やアロマ関連などの加工品にも利用されている。

<写真>
⇓北見ハッカ記念館
北見2018082303
⇓カーリーミント。和名は「縮緬薄荷」(ちりめんはっか)。ハーブティーや料理用スパイスとして利用されている。北見ハッカ記念館のまわりはハーブガーデンになっていて、さまざまな種類のハーブを見ることができる。
北見2018082310
<北見ハッカの歴史>
1901年(明治34年)このころから、北見地方などで薄荷栽培が活発になる
1934年(昭和09年)北見に薄荷工場が落成
1939年(昭和14年)このころ、北見薄荷が世界市場の7割を占める
1969年(昭和44年)このころ、合成薄荷脳(メントールの結晶)が天然薄荷を圧倒
1983年(昭和58年)ホクレン北見薄荷工場閉鎖
1984年(昭和59年)北見ハッカ通商が創業
1986年(昭和61年)北見ハッカ記念館が開館
2002年(平成14年)ハッカ記念館の敷地内に薄荷蒸溜館を併設

<参考>
「北見ハッカ記念館 薄荷蒸溜館」のパンフレット、②株式会社北見ハッカ通商のWebサイトなどを参考にした。ハーブの分類と、ミントはWikipediaによる。また、ハーブの分類については、「ハーブの種類、生育環境、育て方のまとめ」(ブログ「エルバスの日々」)も参考にした。なお、参考にした原文に従って「ハッカ」と「薄荷」を使い分けたが、それ以外は「ハッカ」で統一した。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント