FC2ブログ

北海道命名150年 (7)納沙布岬 野付半島 根室市街

 根室では2日間滞在。ガイドブックには、根室~標津(しべつ)の案内はまずない。あっても納沙布(のさっぷ)岬ぐらい。しかし、意外と訪れたい場所は多い。納沙布岬は、離島を除けば日本の最東端。岬では、納沙布岬灯台をはじめ、北方館や望郷の家などを訪れ、改めて北方領土問題を考える。北方館などの施設では、「北方領土」に関する資料をいくつか配布している。

 1日目は、じっくり時間をかけて納沙布岬と根室市内を散策する。海霧のため、岬から4km先の貝殻島(歯舞<はぼまい>群島のひとつ)でさえ見えない。1973年にこの岬を訪れたときも見えなかった。根室市の主要産業は漁業・水産加工。おもな水産物は、サケ・マス・サンマ・タラ・カレイ・カニ・ウニのほか、貝類・コンブなど。市内でベトナムからの技能実習生をみかけた。彼らは水産加工工場で働いている。
 翌日は、海霧は発生せず。レンタカーを借り、風蓮(ふうれん)湖や野付半島、標津(しべつ)町を訪れた。レンタカーを借りないかぎり、この方面を訪れるのは難しい。別海北方展望台や、野付半島のネイチャーセンターから、かすかに国後島(くなしりとう)を望むことができた。
 標津町では、「ポー川史跡自然公園」を訪れる。この公園では、「開拓の村と歴史民俗資料館」および「標津湿原」などを見学・散策する。北海道ではどの市町村でも、郷土の歴史などを紹介することに熱心だ。

<写真>
①納沙布岬
⇓納沙布岬灯台
根室2018091801
⇓灯台の右側に本土最東端の民家が見える。家の隣りには、コンブ干し場がある。
根室2018091802
⇓灯台近くから「望郷の岬公園」方面を望む 
根室2018091803
②風蓮湖
⇓(右)道の駅「スワン44ねむろ」、(左)風蓮湖
根室2018091804
③野付半島
⇓野付半島~ネイチャーセンター内の掲示写真より
 この地形は砂嘴(さし)という
根室2018091805
⇓ナラワナ
※「海水に浸食され、風化したミズナラなどの木々が立ち枯れたまま林をつくっている」(根室振興局)。 「立ち枯れ」で有名なトドワラは、野付半島ネイチャーセンター近くにある
根室2018091806
⇓竜神崎近くからナラワナ方面を望む
根室2018091807
④標津(しべつ)湿原
根室2018091809
⑤根室市内
⇓「坂の町」根室。大正町1丁目の交差点より根室漁港方面を見る
根室2018091811
<地図>根室~標津(Googleマップより)
根室~標津マップ
スポンサーサイト

コメント

こんにちは~

学生時代、まだ標津線が走っていて、うねりのある牧場を
のどかに走行・・・標津から少し先の宿までバス移動。
翌日、野付半島の先端に船で渡り、歩いた事がありました^^
今も船が通っているのでしょうか?

トドワラの中を、ひたすらバス停まで歩いて、数時間
ちょっとした冒険の気分でした^^
丁度、空からのお写真の半周分かな?

野付方面にも行きづらくなってしまいましたね^^;

こんにちは。

コメント、ありがとうございます。
読んでいろいろ驚きました。

1989年に廃線となった標津線に乗られたのですね。

現在も尾岱沼(おだいとう)からトドワラまで船が出ています。1日3便ですが、定期運航は1便のみです。
クロスケさんも尾岱沼からトドワラへ船で渡り、そこからどこかのバス停へ、数時間かけて歩かれたのでしょうか。

1973年夏、私は船で尾岱沼とトドワラを往復し、その日は尾岱沼のユースホステルで泊まりました。翌朝早朝、たぶんバスで摩周湖方面へ行きました。

現在、野付半島、トドワラへはバスか車でいくしかないですね。標津バスターミナルからネイチャーセンター、トドワラへ行きます。平日・土日祝とも週1便だけです。JR釧路駅からバスで標津バスターミナルを経由してネイチャーセンターとトドワラへ行き、釧路に戻ると半日費やします。

いずれにしても、野付半島、トドワラ方面へ行くのは、大変ですね。

バスの便数を訂正します

「標津バスターミナルからネイチャーセンター、トドワラへ行きます。平日・土日祝とも週1便だけです。」
⇒「週1便」ではなく、平日・土日祝のいずれも「1日に1便」です。訂正してお詫びします。ネイチャーセンターのバス停で時刻表を見て、これではバスで来るのは難しいと感じました。

クロスケさんも若いころ、天都山とトドワラへ行かれたのですね。不思議な縁を感じます。驚きました。
コメント、ありがとうございました

こんにちは^^

思い出しました^^
そう、尾岱沼という集落で、私もYHに泊まった気がします
早朝の船で対岸に渡り、船を下りたら、ひたすら歩くしかない
状況でした
その時、見渡す限り、海と海岸が広がり、居るのは私たち
(グループ4人)だけで、もしクマが出たらどうする事も
出来ない状況・・今だったら歩かなかったかも^^;

はっきりとはしないのですが、3~4時間歩いたと思います。
その後、標津に戻り、単行ディーゼルカーで標茶。そこで
乗り換え・・・弟子屈へ、yamashiro94さんと同じく摩周湖へ
行きました。
宿は、摩周湖YHだったかと思います^^

No title

こんばんわです。

湿原の写真、イイですね♪
こんな板の通路を散策してみたいです。

知床はクマが居るとかでしたが、ここは大丈夫そうだし。
この歳になると、なんか水が心休ませてくれます。

こんばんは。

コメント、ありがとうございます。

マイヤーさんのブログも拝見しました。
今回もいろいろあったようですが、無事に帰宅され、なによりです。
報告の続編も期待しています。

初めまして

こんにちは、写真拝見させていただきました。北海道に写真素敵です。私は栃木県に住んでいます。栃木県の情報ならお任せください。まだまだ、ブログ初心者でわからないことが多いですので、参考にさせてください。また、アドバイス等もあればよろしくおねがいします。

こんばんは。

初めまして。
コメント、ありがとうございました。

栃木県へは、中学の修学旅行で初めて行きました(私は関西出身です)。東京・日光へ2泊3日の旅でした。

その後も数回訪れましたが、栃木県の魅力はまだ知らないことばかりだと思います。いろいろな情報が得られればさいわいです。

こんばんは~

こうして、北海度シリーズを拝見させていただくと、しみじみと大きいなと思っています。
つい、わたしは北海道を一つのものと考えてしまいますが、四つの国が合わさったのですね。

こんばんは。

コメント、ありがとうございました。

野付半島の灯台で、バイクで旅をしている若者から声を掛けられました。
興奮気味に、「北海道は、広大ですね」と。

彼の感想は、私が若いときに抱いた北海道の感想と同じです。
私も、「そうですね。広いですね」と、答えました。

北海道の、美しく、広大な景色を、これからも楽しみたいものです。

北海道は、ご無沙汰

北海道は、しばらくご無沙汰してます。もう20年かなあ。その頃は、職場や家族で数回行きました。あの頃は若くて、スキーしに、行きましたね。新幹線が通ったけど、宇津宮は素通り。また行きますね。

こんばんは。

旅行と言えば、私の場合、できるだけ「遠くへ行きたい」と考えています。さらに「北端」とか「東端」とかへ行きたい。

私は関西出身なので、西日本より東日本にあこがれています。そして、いま住んでいる関東地方より離れた場所に行きたい。とすると、東北か北海道になります。事実、私の旅行先の大半がこれらの地方です。

でも2~3日の短い旅行であれば、関東近県は魅力的です。栃木県も、もっと訪れたいですね。
非公開コメント