FC2ブログ

野付半島 北方領土

1.野付半島と砂嘴(さし)
 野付半島は、「全長約26kmの日本最大の砂の半島、砂嘴」(注①)で、「海に突き出た針状」の形をしている。この半島には、「立ち枯れの風景」である「トドワラ」や「ナラワラ」といった景勝地がある。また、平成17年(2005年)にはラムサール条約(水鳥湿地保全条約)の登録湿地となった。
 この半島の中ほどにネイチャーセンターがあり、ここから遊歩道を歩いてトドワラ(海水に浸食され、立ち枯れたトドマツ林の跡)へ行くことができる。私は1973年に、対岸の尾岱沼(おだいとう)から船に乗ってトドワラを訪れたことがある。ネイチャーセンターからさらに車で進むと、野付半島の竜神崎にある野付崎灯台近くへ至る。ここから先へは、車では進めない。

<地図>
①野付半島~Googleマップより
野津半島マップ2018092801

<写真>
①野付崎灯台
野付崎2018092603
②野付半島
⇓野付半島~ネイチャーセンターの掲示写真より
野付崎2018092604
⇓トドワラ~ネイチャーセンターの掲示写真より
野付崎2018092605
⇓国後島~ネイチャーセンター近くから
  国後島はかすかに見えるだけだった。写真では、「かすみ」を補正(除去)して、国後島を見やすくした
野付崎2018092606

③別海北方展望台から
⇓国後島~手前は野付半島、その向こうにかすかに国後島が見える。「かすみ」を補正
野付崎2018092607
⇓野付半島から戻る途中に出会った鹿
野付崎2018092608
<写真>
②北方領土~Googleマップより
野付崎2018092602
2.北方領土問題
 納沙布岬の北方館などで配布されているパンレットから「北方領土問題」を紹介する。
「北方領土は、北海道本島の北東洋上に位置する、歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島、国後(くなしり)島及び択捉(えとろふ)島の四島です。/ 北方領土は、日本がロシアより早くその存在を知り、多くの日本人がこの地域に渡航し、生活をし、父祖伝来の地として受け継いできたものです。/ 今から160年以上前の1855年2月7日、日本とロシアは日魯(にちろ)通好条約(注②③)を結び、当時自然に成立していた択捉島とウルップ島の間の国境をそのまま確認しました。それ以降も北方四島が外国の領土となったことはありません。/ しかし、1945年8月9日、ソ連は、当時まだ有効であった日ソ中立条約に違反して対日参戦し、日本がポツダム宣言を受諾した後の同年8月28日から9月5日までの間に北方四島のすべてを占領しました。/ そして、ソ連は1946年に四島を一方的に自国領に「編入」し、当時四島全体に約1万7千人住んでいたすべての日本人を強制退去させました。/ それ以降、今日に至るまでソ連、ロシアによる法的根拠のない占拠が続いており、北方領土問題が存在するため、日露間では、いまだ平和条約が締結されていません。」(北方領土問題対策協会のパンフレット「北方領土 声届け 開けよう扉 四島(しま)返還」より。「/」は改行を示す)

 『われらの北方領土』(2017年版、外務省)には、「政府がロシアとの交渉を強力に推進するためには、国民の一人一人の理解と協力が不可欠です」と、記されている。日本は、日魯通好条約(1855年)などにもとづき、旧ソ連、そして現在のロシアに北方領土返還を求めてきた。詳しくはこの資料(注④)などを読んでもらいたいが、一度戦争で失った領土を取り戻すのはいかに困難なことであるか、思い知らされる。もちろん、他国の領土を植民地化するなども、許されるはずがない。

 2018年9月12日、ロシアのプーチン大統領は年内に「無条件」で「平和条約」を締結することを提案した。日本とソ連は、1956年の「共同宣言」で国交を回復したが、この宣言では「平和条約」の締結後に歯舞群島と色丹島を引き渡すと明記している(注⑤)。四島ではないことも問題だが、プーチン大統領の提案は、領土問題の実質的な棚上げになりかねない。しかし、ロシア側の真意を探ることも必要だろう。
 ロシアは、極東での、産業やインフラの整備を進めたいという思惑がある。その極東での開発には巨額の資金が必要だ。事実、ロシアは「日本の出方次第では、第三国の企業を誘致し、開発を加速する可能性も示唆し」ている(注⑥)。日本が望む領土返還と、ロシアが望む極東の巨大開発を、同時に解決できないものだろうか。日本も巨額の財政赤字を抱えている。領土の返還なしに巨額の開発資金を出したり、北方領土の「共同経済活動」だけを行うことは、もちろんできない。いずれにしても、領土問題の解決は容易なことではない。簡単なことではないから、日本がサンフランシスコ平和条約(1951年調印、翌52年発効)でアメリカの占領を解かれてから70年近くになるのに解決できないでいるのだろう。

<注>
①砂嘴(さし)は、沿岸を流れている海流によって運搬された砂礫(されき)が、半島の先端や岬、湾の入口などに堆積し、水面にあらわれた細長い州のこと。鳥の嘴(くちばし)のような形をしていることから砂嘴と呼ばれている。この砂嘴が発達して対岸近くまで至り、入り江や湾などを閉じるように伸びると、「砂州」(さす)と呼ぶ。野付半島の砂嘴は日本最大。(二宮書店「最新地理小辞典」などより)
②日魯(にちろ)通好条約の「魯」を「露」とし、日露通好条約と記すのが一般的だと思われるが、外務省の文書では「魯」を用いている(注③)。もちろん「魯」も「露」もロシアの意味。教科書では「日露和親条約」とするのがふうつ。日米和親条約(1854年)と、大きな違いはない。この日魯通好条約では、択捉島とウルップ島の間を国境とし、樺太(からふと)は国境を分けずに従来通り(両国人雑居の地)と規定した(山川出版社「日本史広辞典」などをもとに記す)。日本がロシアに求めている北方領土とは、この条約で定めた択捉島以南の島をさす。
③日魯通好条約の正式名称は「日本国魯西亜国通好条約」。当時はロシアを魯西亜と記していた。外務省のWebサイト「北方領土」では、日「魯」通好条約、日「露」戦争などと使い分けている。これは、ロシアを最初は「魯西亜」、のちに「露西亜」と記すことになったことによる。(日経電子版「ロシアの漢字略称『魯』が『露』に変わったワケ」より)
④外務省『われらの北方領土』(2017年版)は、「望郷の館」で無料配布されている、120ページに及ぶ資料。下記の総理府のWebサイトも参考になる。
  内閣府「北方領土問題~今~
⑤日本経済新聞、2018年9月13日
⑥朝日新聞、2018年9月14日
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。
先ず北方領土の件をそれな入りに捉えられてブログにされたこと感謝します。
嬉しい内容でした。
また、野付半島も調べられて記述されてい疲れさんです。
この野付半島の先に明治時代の初めころまでに幻の町があったのは資料の中には出ていなかったようですね。廓まであったらしいそうですからかなり大きな町だってでしょ。未だの全容が解らない状態です。
いずれにせよ良く調べブログに載せて頂き嬉しいですね。

こんにちは。

コメント、ありがとうございます。

江戸時代、近藤重蔵が野付に宿泊して択捉島へ渡ったこと、幕末、北方警備にあたっていた会津藩士の墓が半島の付け根あたりにあることは知っていました。

しかし、野付半島の先端に「幻の集落」があったことまでは知りませんでした。今度は野付半島の先端まで歩いて行きたくなりました。

北方領土については、「正しい情報」を多くの人に知って欲しいですね。

情報を寄せていただき、ありがとうございました。

No title

こんばんは!
こちらには初めてコメントさせて頂きます。
「日本を見つめて~旅するブログ~」を
書かせて頂いております、
「西のノリ」ことac802ftkと申します。

「国家間の領土問題」は、時間や良心等
だけでは解決し得ない、大変デリケートな
問題と思います。
中国との尖閣諸島しかり、韓国との
竹島しかり。
この風景も一見すると美しいものですが、
視認出来るほどの距離の間に
越えがたい隔絶が有ることを思うと、
複雑な気持ちになりますね。

はじめまして。

こんばんは。
コメント、ありがとうございました。

ご指摘の通りですね。
「時間や良心等だけでは解決し得ない」
「視認出来るほどの距離の間に越えがたい隔絶が有る」
……まさにその通りです。

ところで、ac802ftkさんのブログも拝見しました。

今後もよろしくお願いいたします。
非公開コメント