FC2ブログ

大田黒公園

 東京都杉並区立大田黒公園は、「大田黒元雄氏の屋敷跡(の一部)を杉並区が日本庭園として整備し、昭和50年10月1日に開園したもの」。JR中央線荻窪駅南口から徒歩10分くらい。入場無料。
 「園内には樹齢100年を超えるイチョウ並木をはじめ、ケヤキ、クロマツ、アカマツ、シイノキなどの巨木がうっそうと茂ってい」る。大田黒氏の「仕事部屋であったベンガラ色」(暗い赤みを帯びた茶色)の記念館は、「昭和8年に建築されたもので当時としては珍しい西洋風の建築物」。音楽評論家でも知られる大田黒氏は、1910年(明治43年)生まれで、1979年(昭和54年)に亡くなった。戦後、NHKのラジオ番組「話の泉」(1946年3月から1964年3月まで)に出演していたことがある。(大田黒公園のパンフレットより)

<写真>
⇓正面(下、奥)は正門
大田黒公園2018121401
⇓正面(下、奥)は庭門
大田黒公園2018121402
大田黒公園2018121403
大田黒公園2018121404
⇓記念館(左)。昭和8年に建築された西洋風の建物
大田黒公園2018121405
大田黒公園2018121406
大田黒公園2018121407
スポンサーサイト

コメント

yamashiro94さん、こんにちは!

拙いブログへのコメントありがとうございました。
いろんな素敵な所をよくご存じで参考になります。
ただ、無精者ですから現地まで車で行ってちょこ
っと歩いて行った気になっています。古い神社や
社寺が好きで、出かける時は必ず御朱印帳を2冊
(神社・寺院)持って行くようにし思い出の綴り
にしています。⇩広徳寺も古刹としての堂々たる
風格が漂寄っていますね~あきる野市には建長寺
派のお寺さんが数軒あるようですね!

こんにちは~~~♪

背の高い黄葉している樹木は、イチョウでしょうか。
こんなに木立の高い木を撮られていらして。
すごいですね!素晴らしいです。
木々が目の前に迫ってくるような感じです。
あぁ、わたしもこのようなフォトを撮ってみたいです。

TAKE爺さん、こんばんは。

コメント、ありがとうございました。
たくさんの神社や寺院へ行っておられるのですね。
広徳寺はあきる野市の古刹として、もっとも知られているそうですね。
ほかにもたくさんのお寺があるとのこと。
今回は行けませんでしたが、次回は「建長寺派のお寺」巡りをしてみたいものです。

こんばんは、窓さん。

自分の屋敷にイチョウ並木(正門から庭門まで)があるなんて、うらやましいですね。
屋敷のある、当時(大正時代)の杉並区には、2万人しか人口がなかったそうです。
それで、こんなに広大な屋敷を作れたのですね。
自分の屋敷の一部とはいえ、杉並区に提供されたからこそ、私たちは美しい庭園を訪れることができます。
コメント、ありがとうございました。

No title

こんばんは!
とっても素敵な庭園ですね♪
赤や黄色、ピンクの色彩と、和風の門や
洋館とのコントラストが見事です!
この場所を選んだ屋敷の主の審美眼とセンスには
脱帽モノですね。

こんばんは。

コメント、ありがとうございました。
音楽評論家でもある大田黒元雄氏の仕事場(現、記念館)は、ピアノのある西洋風の建物です。
演奏会も行われていました。
庭は、もみじや池などがある回遊式の日本庭園です。
非公開コメント