神田川

「神田川」と言えば、南こうせつの歌を思い浮かべる。1973年、知人からこの曲を教えてもらい、以来南こうせつの歌をよく聴くようになった。実は神田川がどこをどう流れているのか、最近までまったく知らなかった。その神田川のことを調べてみると驚くことばかり。JR中央線吉祥寺駅の南にある井の頭池(井の頭公園内)が水源であること、御茶ノ水駅から見える外濠が神田川の一部であること、日本橋の下を流れる川(日本橋川)は神田川の分流であること、神田川が今の流路になったのは江戸時代初期にまで遡ること、などなど。飯田橋付近から隅田川(両国橋近く)に合流する辺りまでは人工河川で、江戸時代のはじめに神田山と呼ばれた台地を切り崩して神田台(神田台地)とし、大名や旗本の屋敷をここに作った。この辺りの地名が神田であったことから、神田川と呼ばれるようになった(神田川のもとの名は平川で、かつて飯田橋付近から南流していた自然河川)。江戸時代には玉川上水とならんで、神田川の水は飲料水として利用されていた(神田上水)。その神田川の川沿いを散策してみることにした。都電荒川線の面影橋駅(新宿区)からJR中央線飯田橋駅(千代田区)まで地図を見ながら歩いた。しかし、「神田川」の歌詞にあるような「下宿」は、今ではほとんど存在しない。写真は、桜の花が咲くころ、面影橋から撮ったもの。※この項を作成するにあたって参考にしたサイトは次の通り。「江戸の原型と神田川の流路」、「江戸の街と神田川-流路変遷と江戸の発展」、「江戸の街と神田川-江戸の暮らしと神田上水」。
神田川 面影橋から
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

yamashiro94

Author:yamashiro94
東京都内、多摩地方、近県でカメラを持って散策しています。旅行・歴史・地理・文学・音楽などから最近気になったことまで、何でもとりあげています。写真なしの場合もあります。上の写真はマレーシアのクアラルンプール駅。2007年撮影。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR