京都府立植物園

1.植物園と植物公園の違いは?
東京都にある小石川植物「園」と神代(じんだい)植物「公園」……この名称の違いは何か。小石川植物園は、もとは「江戸幕府により薬になる植物を育てる目的で今の東京都文京区に1684年(貞観元年)に開園された小石川御薬園(こいしかわおやくえん)である」。「小石川植物園となったのは、1877年(明治10年)に東京大学が開設された際に付属施設として改称され、同時に、一般にも公開されるようになっ」てからのこと(「東京おでかけスポットを徹底紹介」より)。明治に開園した小石川植物園は「『遺伝資源収集保存機能』『専門教育機能』をもつ施設」だが、その後「日本では『パーク&レクリエーション機能』の一つとして植物園が創られ」るようになったため、植物園と「『公園』との違いが明確では」なくなった(「奇跡の星の植物館とまちづくり」より)。そういえば、オーストラリアにあるメルボルン王立植物園は、広大な英国式「庭園」という感じ。さまざまな植物を観賞するというより、市民の「憩いの場」と感じられた。唯一の「都立」植物園である神代植物「公園」も、その名称のとおり、植物「園」であるというより、植物「公園」という印象を受ける。植物「園」は「研究機能+公園」だが、植物「公園」は研究機能より公園機能に重きを置いている、と考えられる。なお、ふつうの「公園」には上記のような「研究機能」はない。
※「小石川植物園」は通称で、正式な名称は「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」という。
2.京都府立植物園と桜
小石川植物園の前身である小石川御薬園は日本「最古」の植物園だが、日本最初の「公立」植物園は京都府立植物園。京都府立植物園は、「大正6年(1917年)に着工し、同13年(1924年)1月1日に『大典記念京都植物園』として開園した」「戦後は、昭和21年(1946年)から12年間連合軍に接収され」たが、「昭和36年(1961年)、憩いの場、教養の場としてその姿を一新し、再び公開」された(京都府ホームページ)。京都府立植物園へ市営地下鉄(烏丸線)で行くには、①「北大路駅」で下車し、植物園の正門へ向かうか、②「北山駅」で下車し、北山門へ向かうか、のいずれか。この4月11日に府立植物園へ行ったが、ちょうど桜が満開であった。北山通りにある北山門から入り、温室北側に広がる桜林へ向かう。「ソメイヨシノ」(染井吉野)と「ヤエベニシダレザクラ」(八重紅枝垂桜)はとても見事で華やかであった(写真)。桜林を2度巡り、再び北山門へ戻る。近くの進々堂北山店で休憩。この店は、焼き立てパンが美味しいカフェ&レストラン。このあと、北山通りを西へ歩き、更に北山大橋から北大路大橋まで「なからぎの道」(半木の道)を歩く。川の西岸にはソメイヨシノ、東岸にはヤエベニシダレザクラが咲いている。ともに満開であった。
京都府立植物園
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

yamashiro94

Author:yamashiro94
東京都内、多摩地方、近県でカメラを持って散策しています。旅行・歴史・地理・文学・音楽などから最近気になったことまで、何でもとりあげています。写真なしの場合もあります。上の写真はマレーシアのクアラルンプール駅。2007年撮影。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR