宇和島市 宇和島城 朝日運河

1.宇和島城
宇和島市は、愛媛県の南西部に位置する都市で、宇和島城を中心に発展した旧城下町。市の西に臨む宇和海は典型的なリアス式海岸で、宇和島港は天然の良港。宇和島駅は予讃(よさん)本線の終点。宇和島城は慶長6(1601)年、藤堂高虎(とうどうたかとら)によって創建された。寛文11(1671)年に大修理が完了し、天守が今の姿になった(現存12天守のひとつ)。なお、万延元(1860)年に大修理を行い、昭和37(1962)年に天守の解体修理を終えた。私は昭和54(1979)年にも宇和島市を訪れたことがある。宇和島城はよく覚えていたが、天守の中を見学したのは今回(平成29年=2017年)がはじめて。宇和島藩の7代藩主伊達宗紀(だてむねただ)が築いた池泉(ちせん)回遊式庭園である天赦園(てんしゃえん)や宇和島市立伊達博物館を訪れるのもよい。
2.朝日運河
宇和島市は背後に山が迫り、平地が少ないため、干拓や埋め立てにより市街地を拡大してきた。前回(昭和54年に)訪れたときは港(朝日運河)から比較的近くの宿で泊まったこともあり、当時の港の風景をよく覚えている。ところが、昭和60(1985)年から昭和63(1988)年にかけて、「宇和島港の再開発が行われ、『朝日運河』と呼ばれた細長い船溜まり(ふなだまり)や樺崎(かばさき)沖が埋め立てられた」(愛媛県生涯学習センター)。このため、朝日運河はなくなり、あたりの風景は一変していた。前回は宇和島港から船に乗り、日振島も訪れた。高速艇で1時間、普通船で2時間ほどで行ける。この島は、平安時代の藤原純友(ふじわらのすみとも)の、ゆかりの地として知られている。
<参考>「地図から読み解く地域のすがた⑤」(愛媛県生涯学習センター)
宇和島城下埋立ての記録、宇和島港
<写真上>宇和島城の天守(2017年)
宇和島城2017年
<写真下>宇和島城の本丸から撮った宇和島港と宇和海(1979年)。
宇和海1979年
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

yamashiro94

Author:yamashiro94
東京都内、多摩地方、近県でカメラを持って散策しています。旅行・歴史・地理・文学・音楽などから最近気になったことまで、何でもとりあげています。写真なしの場合もあります。上の写真はマレーシアのクアラルンプール駅。2007年撮影。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR