松山市 松山城 現存12天守

1.松山城
松山市は伊予松山藩15万石の旧城下町。JR予讃線松山駅から東にむかって歩くと、城山公園(堀之内地区西堀端)に着く。この堀之内に愛媛県美術館、松山市民会館、県立図書館、NHK松山放送局があるが、大部分は市民が憩う広場。ここからさらに東へ向かい、愛媛県庁を過ぎると、やがて伊予鉄道(路面電車)大街道駅へ。この駅の周辺にはカフェが多く、ここで一休み。駅から北へしばらく歩くと、松山城ロープウェイ・リフト駅。松山城の天守がある本丸広場へは、このロープウェイかリフトを利用する。歩いて登ることもできる。標高132mの城山(勝山)山頂に天守がある(現存12天守のひとつ)。この天守の最上階からは、松山市内や瀬戸内海が一望できる。なお、道後温泉へ行くには、大街道駅に戻り路面電車を利用する。

2.現存12天守
城はおもに戦いのための防御を目的にした砦だが、天守はその城の建造物のひとつ。城には天守が無いこともある。たとえば江戸城の天守は明暦の大火(明暦3年=1657年)で焼失し、その後再建されなかった。「天守」を「天守閣」と言うこともあるが、「天守」は日本の建築学の学術用語。「天守閣」という言い方は、「幕末以降に使われ始めた俗称」(「日本のお城 基礎知識」より)。江戸時代末期に日本全国の名所を描いた浮世絵「『名所図会』の影響によって庶民の間で『天守閣』という名称が流行し、明治以降に一般化した」という(My知恵袋、asphalt-felt)。「明治以降まで残った天守は全国で19あったが、戦災で6、戦後の火災で1(北海道福山城)が失われ、現存する天守は……12城である」(山川出版社『図説歴史散歩事典』)なお、現存12天守が存在する城は以下の通り(地方別)。
東北地方(1)…弘前城(青森県)★
中部地方(2)…松本城(長野県)●★、犬山城(愛知県)●
近畿地方(3)…丸岡城(福井県)、彦根城(滋賀県)●★、姫路城(兵庫県)●★
中国地方(2)…松江城(島根県)●★、備中松山城(岡山県、別名高梁城たかはしじょう)
四国地方(4)…丸亀城(香川県)、松山城(愛媛県)★、宇和島城(愛媛県)★、高知城(高知県)★
<注記>●印は国宝に、無印は重要文化財にそれぞれ指定されている。★印は私がこれまでに訪れたことのある城。なお、「行ってよかった!日本の城ランキング2016」(トリップアドバイザー)による順位は以下の通り。1位姫路城、2位松本城、3位熊本城、4位犬山城、5位二条城、6位松山城、7位備中松山城(高梁城)、8位松江城、9位彦根城、10位中城城(なかぐすくじょう)跡(沖縄県)。

<参考>
日本のお城 基礎知識
My知恵袋(天守と天守閣って同じ意味…)asphalt-feltさん」

<写真>
本丸広場から見た松山城天守(2017年4月撮影)
松山城天守と本丸広場
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

yamashiro94

Author:yamashiro94
東京都内、多摩地方、近県でカメラを持って散策しています。旅行・歴史・地理・文学・音楽などから最近気になったことまで、何でもとりあげています。写真なしの場合もあります。上の写真はマレーシアのクアラルンプール駅。2007年撮影。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR