礼文島 桃岩展望台ハイキング

礼文島は、日本最北の有人島で、「冷涼な気候により海抜0メートル地帯から200種類以上の高山植物が咲き乱れているため、別名花の浮島」と呼ばれている(Wikipediaより)。1974年夏、稚内港からフェリーに乗り、礼文島へ(写真①は2014年7月に撮影)。当時の写真もメモもなく、今となっては記憶も薄れがち。宿泊した場所もあいまい。泊まったのはユースホステルだったかもしれない。ただ宿泊先から歩いて山を登り、利尻島を見に行ったことはよく覚えている。今回(2014年7月)はフェリーターミナルのある香深(かふか)からバスで桃岩登山口まで行き、ここから桃岩展望台へ歩く。桃岩や猫岩がよく見える。少し歩くと利尻島が見える場所へ着く。今回は残念ながら、利尻山(利尻富士)の頂上に少し雲がかかっていた(写真②)。前回は、雲のかからない利尻山がまるで海に浮かぶかのように見えた。北海道でもっとも感動したのが、ここ礼文島桃岩展望台近くから見た利尻山。展望台から元地(もとち)灯台を経て下山(写真③)。さらに歩いて「北のカナリアパーク」へ(写真④)。ここからバスに乗り、香深へ戻る。桃岩展望台ハイキングコースは全長約6キロ、3時間を要する。起点の桃岩登山口までと、終点の知床にバス停があるのでとても便利(ただ運行時間は事前に確認が必要)。ハイキングコースは大部分がなだらかな草原(お花畑)。バス停のある桃岩登山口から桃岩展望台まで約1.3キロメートル歩くだけで、雄大な景色と高山植物を見ることができる(知床へは行かず、桃岩登山口に戻ってもよい)。定期観光バスを利用すれば半日で礼文島のおもな観光地をめぐることもできる。とくに澄海岬(すかいみさき)の海食崖はみごと(写真⑤)。

<参考1>礼文島郷土資料館
礼文島郷土資料館(冬期休館)…香深港の近くにある礼文町町民活動総合センター内にある。フェリーの待ち時間などに是非立ち寄りたい。とくに「ニシン漁に関した展示、礼文島の風景写真など」が見もの(「たびらい北海道」より)。
<参考2>桃岩展望台ハイキングコース
礼文島トレイルオフィシャルウェブ
礼文島を歩こう
礼文島自然ガイド

<写真①>「海に浮かぶ」利尻山(稚内港~香深港)写真は2014年
海に浮かぶ利尻山(稚内港~香深港)
<写真②>桃岩展望台近くから見た利尻山
桃岩展望台近くからみた利尻山
<写真③>桃岩~知床ハイキングコース
桃岩展望台ハイキングコース
<写真④>「北のカナリアパーク」から見た利尻山
北のカナリアパークから見た利尻山
<写真⑤>澄海岬(すかいみさき)の海食崖
澄海岬の海食崖
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

yamashiro94

Author:yamashiro94
東京都内、多摩地方、近県でカメラを持って散策しています。旅行・歴史・地理・文学・音楽などから最近気になったことまで、何でもとりあげています。写真なしの場合もあります。上の写真はマレーシアのクアラルンプール駅。2007年撮影。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR