ヘボン ヘボン式ローマ字

1.ヘボン式ローマ字
「ヘボン式」ローマ字の「ヘボン」とはもちろん人名。「ヘボンの名は正式にはジェームス=カーチス=ヘップバーン James Curtis Hepburnであるが、わが国では、一般にヘボンと呼ばれ、ヘボン自らもその著『和英語林集成』に『平文』と書いている。」(注1)「ヘボンの名は、今日では、ヘボン式ローマ字だけで記憶せられているが、幕末から明治中期にかけて、施療事業・和英辞書の編纂・英学塾の開設・聖書の翻訳・教会の建設・明治学院の創立など、数々の輝かしい功業をたて、近代日本文化に不朽の足跡を残した。」(注1)宣教師(宣教医)ヘボンにとって、無償の医療行為、和英辞書の編纂、聖書の翻訳などはすべて、「東洋伝道」の使命を果たすためであった。日本語の習得、辞書の編纂などには、どうしても日本語のローマ字表記が必要であった。長くなるが、前掲書(注1)から再び引用してみる。「『和英語林集成』編集のおり、外国人に日本語をたやすく発音せしめ、理解せしめたいところからローマ字を採用した。……ヘボンの辞書は維新当時から明治時代にかけて非常によく売れ、……和英・英和辞書としては代表的なものとなった。このヘボンの辞書に書かれていたローマ字が、そのころから時代の脚光を浴びて普及するようになった。それでローマ字をヘボン式ローマ字というようになった。……明治18年に日本人の識者の間で『羅馬(ローマ)字会』ができ、ヘボン式ローマ字を修正して標準式ローマ字を発表し、ヘボン博士もその顧問となり……標準式ローマ字すなわち世にいうヘボン式ローマ字がさらに一般に用いられるようになった。」

2.ヘボン式と訓令式の対立
ところが1885年(明治18年)、カナの「五十音図に規則的に対応した」日本式ローマ字が発表される。「ヘボン式と日本式が対立して混乱していたのでローマ字を統一しようということになり」、1937年(昭和12年)、内閣訓令により「日本式を基礎にヘボン式を多少取り入れた」訓令式ローマ字が定められた。戦後、GHQが町名や都市名の標識を、Chiba Cityなどのようにヘボン式ローマ字と英語で表記するように指令したため、ヘボン式ローマ字が「復権」(注2)。こうしてヘボン式と訓令式の、いずれのローマ字表記を用いるかをめぐってふたたび混乱。1954年(昭和29年)にあらためて文部省訓令により新たな訓令式を公式のローマ字とすることが定められた(注3)。今日まで、日本語のローマ字表記は、ヘボン式と訓令式、およびそれぞれの変種が併存し、統一された表記はない。それどころか、ヘボン式と訓令式のいずれを用いるべきであるかをめぐって、激しい対立が続いてきた。 

(注1)高谷道男『ヘボン』(吉川弘文館人物叢書)
(注2)「GHQによる日本語のローマ字化」(Webサイト)
(注3)「ローマ字あいうえお~訓令式」から要約(Webサイト)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

yamashiro94

Author:yamashiro94
東京都内、多摩地方、近県でカメラを持って散策しています。旅行・歴史・地理・文学・音楽などから最近気になったことまで、何でもとりあげています。写真なしの場合もあります。上の写真はマレーシアのクアラルンプール駅。2007年撮影。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR