ヘボンの足跡を訪ねて

1.「ヘボンの足跡を訪ねて」
私は2017年7月、「ヘボンの足跡(そくせき)」をたどるため、川崎市と横浜市を訪れた。 はじめにJR京浜東北線東神奈川駅で下車し、成仏寺(じょうぶつじ)と宗興寺(そうこうじ)へ。成仏寺はヘボン夫妻が日本で最初に住んだ場所。宗興寺は、ヘボンが一時期、施療所を開いた場所。JR東神奈川駅に戻り、JR根岸線関内駅へ。下車すると、横浜指路(しろ)教会へ。この教会は1892年(明治25年)、ヘボンの尽力によって建てられた。関東大震災で倒壊、その後再建。1945年(昭和20年)5月の横浜大空襲で内部を全焼、戦後修復された。ここからみなとみらい線馬車道駅へ歩く。元町・中華街駅で下車し、「横浜居留地39番」へ。1862年、ヘボン夫妻は成仏寺からここに移転。現在は横浜地方合同庁舎前の緑地になっていて、ヘボンの顕彰碑と解説板が建てられている。次に、この顕彰碑から「山手245番」へ。現在この土地は、売却か景観保存かをめぐり問題となっている(注1)。ヘボン夫妻は1882年(明治15年)からここに住んだ。1892年(明治25年)、横浜港を出帆し、翌93年米国へ帰国。なお、この項は明治学院「ヘボンの足跡を訪ねて」(注2)などを参照した。

(注1)「山手町245、日銀社宅の売却問題」。今でも「ヘボン山手家族寮」(日銀の社宅)の建物だけが残されている。
(注2)「ヘボンの足跡を訪ねて

2.伝道師ヘボンの誕生
ヘボンの「生涯」については、次の著書を読んでもらいたい。高谷道男著『ヘボン』(吉川弘文館人物叢書)、望月洋子著『ヘボンの生涯と日本語』(新潮社)。ここでは高谷道男著より、ヘボンによる「東洋伝道」(中国伝道時代を除く)に至る経緯を要約してみる。

ヘボンは1815年3月、米国ペンシルヴァニア州ミルトンに生まれ、少年時代をここで過ごす。家庭は敬虔なカルヴィン主義の信仰を奉じ、祖先のスコットランド長老主義(注3)の伝統はヘボン一家を貫いて流れる精神的遺産であった。ヘボンは幼少の頃から家庭と教会において、キリスト教的訓練をうけている。後年、宣教師となり海外へ赴いた学友がヘボンの少年時代に多く、これらの感化や交友関係がヘボンを外国伝道に導いた。1834年の冬、フィラデルフィアで大学の医学部の講義を聴いて、ペンシルヴァニア州ミルトンの長老教会に加わり、宣教医として外国へ行くという使命感を抱くようになる。1859年4月、ヘボン夫妻は日本へのキリスト教伝道を志し、ニューヨークの港を出帆。同年10月、神奈川(宿場町・港町、現在の川崎市)に着いた。こうして1859年(安政6年)の来日から1892年(明治25年)の帰国まで、ヘボンは幕末・維新という激動の時代を33年間も日本で暮らした。

(注3)長老主義とは「司教を認めず長老が教会を指導するカルヴァン派の考え」。「宗教改革において、カルヴァンは教会組織の上ではカトリック教会の教皇を頂点とした聖職者制度と、ルター派の司教制度を共に認めず、教会員の中から信仰のあつい人物を長老に選んで、牧師を補佐させる長老主義を採用した。」(「世界史の窓~長老主義/長老制度」より。Webサイト)。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

yamashiro94

Author:yamashiro94
東京都内、多摩地方、近県でカメラを持って散策しています。旅行・歴史・地理・文学・音楽などから最近気になったことまで、何でもとりあげています。写真なしの場合もあります。上の写真はマレーシアのクアラルンプール駅。2007年撮影。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR