ヘボンの足跡

写真①は、ヘボンが横浜山手時代に住んでいた「山手245番」の跡地。ヘボンはここでも聖書の共同翻訳事業に取り組み、完成までに「個人訳時代から数えれば20数年の歳月」を要した(注1)。また一時期、明治学院の職務についたり、指路(しろ)教会(写真②)の建設のため奔走したりした。1892年(明治25年)に指路教会が完成すると、ヘボン夫妻はアメリカ帰国を決意。翌1893年(明治26年)に帰国。ニュージャージー州イースト=オレンジで晩年を過ごした。ヘボン夫人は1906年(明治39年)に永眠、ヘボンは1911年(明治44年)に96歳で永眠した(注2)。

<写真①>ヘボンが横浜山手時代に住んでいた「山手245番」の跡地
ヘボン山手居住地跡1
ヘボン山手居住地跡2
<写真②>指路教会
⇓ 指路教会は横浜市中区尾上町6-85にある。最寄駅はJR関内駅など。
指路教会1
指路教会2
<写真③>横浜山手111番館
⇓ 1926年(大正15)年、アメリカ人ラフィン氏の住宅として建設された。木造2階建(地下1階)だが、1階に吹き抜けのホールがあり、海への見晴らしも良い。私のお気に入りの西洋館。
山手111番館1
横浜山手居留地2
<写真④>横浜外国人墓地正門
横浜外国人墓地
<地図>横浜山手地区
横浜山手居留地

(注1)「日本語訳聖書」(Wikipedia)。望月洋子著『ヘボンの生涯と日本語』に詳しい。
(注2)高谷道雄著『ヘボン』より
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

yamashiro94

Author:yamashiro94
東京都内、多摩地方、近県でカメラを持って散策しています。旅行・歴史・地理・文学・音楽などから最近気になったことまで、何でもとりあげています。写真なしの場合もあります。上の写真はマレーシアのクアラルンプール駅。2007年撮影。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR