FC2ブログ

「ジェーン・シャーロット・ウェスターホウトの思い出」

人は移動する。
人類は、東アフリカに誕生し、やがてユーラシア大陸からアリューシャン列島を経て、南米大陸の最南端に達した。人類拡散のこの旅を「グレートジャーニー」と呼ぶ(注1)。

ジェーン・シャーロット・ウェスターホウトはイギリスからマラッカへ行き、そこで亡くなった。彼女の墓石(写真①)は、そのマラッカのセントポール教会(現在、廃墟)にある(写真②)。彼女は1806年9月20日に生まれ、1841年1月19日に人生を終えた。34歳と3か月29日であった。墓石には次のように記さている。
"Sacred, To the memory of Mrs. Jane Charlotte Westerhout, born on the 20th Sep. 1806, and departed this life on the 19th January 1841, Aged 34 years 3 months and 29 days."
彼女はなぜイギリスから遠く離れたこの地で亡くなったのか。

<写真①>ジェーン・シャーロット・ウェスターホウトの墓石
ウェスターホウトの墓石
<写真②>セントポール教会(マラッカ)
セントポール教会
<写真③>セントポールの丘
セントポールの丘1
セントポールの丘2
セントポールの丘3
<写真④>マラッカ海峡
マラッカ海峡夕日

マラッカは1511年から1641年までポルトガルの支配下に、ついで1641年からオランダの支配下にあった。1795年、イギリスはマラッカをはじめとするオランダ領東インドを占領。1824年、イギリス=オランダ協約により、正式にオランダからマラッカを獲得。以降、マラッカはイギリスの植民地下にあった(注2)。1957年、マラッカを含む、旧イギリス領マラヤ11州はマラヤ連邦を結成し、イギリスから独立。1963年、シンガポール・サラワク・サバ(当時は英領北ボルネオ)を含めてマレーシア連邦を結成。2年後の1965年にシンガポールが分離独立し、現在に至る。なお、イギリスの保護国であったブルネイは1984年、イギリスから完全に独立した。

イギリスがマラッカを占領したのは1795年、イギリス人のシャーロットがマラッカで亡くなったのは1841年のこと。

ブログ「備忘録として」には、シャーロットのことが次のように書かれている。
「……おそらく軍人か東インド会社の商人の夫とともに遼遠の地マラッカに赴任してきて、熱病かなにかの病を患って亡くなったのであろう。」(「備忘録として」)

2008年5月、セントポール教会の廃墟の中を歩いていたとき、たくさんある墓石のなかで、英文で書かれた墓石に目がとまった(注3)。ジェーン・シャーロット・ウェスターホウトの墓であった。ほとんどの墓石はオランダ語で書かれているため読めない(注4)。セントポールの丘(写真③)から、マラッカ海峡に沈む夕日を見ていると(写真④)、「移動する」人の歴史を思わないわけにはいかない。私は1974年の夏にも、マラッカ海峡を見に行った。

(注1)関野吉春著『グレートジャーニー~地球を這う①』より。「イギリス生まれの考古学者ブライアン・M・フェイガンは人類拡散のこの旅を『グレートジャーニー』と呼んだ。」
(注2)1941年12月から1945年8月までの、日本の占領期を除く。1941年12月、日本軍はコタバル近郊(西マレーシア北東部)に上陸、翌1942年にはマレー半島全域(タイ領を除く)を占領した。
(注3)私と同様、ぐうぜん英語で書かれたシャーロットの墓石に出会った人がいた。My Foreverfreebird Life~St. Paul's Hillを見よ。
(注4)Malaysia, MELAKA / MALACCA, Old Dutch Cemetery(eGGSA library)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント