FC2ブログ

マレーシア クアラルンプール  

<写真>2007年または2008年に撮影
写真①マラッカの旧バスターミナル
マラッカ 旧バスターミナル
写真②YMCAホステル(以下クアラルンプール)
KL YMCAホステル
写真③バトゥー洞窟
バトゥ洞窟
写真④国家記念碑
マレーシア独立戦争(1948年から12年続いた)で亡くなった兵士たちの功績を称える記念碑
KL国家記念碑
写真⑤国立博物館
マレーシアの伝統を取り入れた宮殿風の建物
国立博物館
写真⑥マレー鉄道事務局ビル(ザ・ヘリテージ・ステーション・ホテル・KLより撮影)
マレー鉄道事務局ビル
写真⑦旧連邦事務局ビル(国立歴史博物館より撮影)
旧連邦事務局ビル
写真⑧マスジッド・ジャメ
クアラルンプールにある最古のモスク。マスジッド・ジャメ駅のホームより撮影
マスジッド・ジャメ
写真⑨クアラルンプール鉄道駅
1910年イギリスがつくった歴史的建造物。シンガポール~クアラルンプール~バンコクを結ぶ
KL鉄道駅
1974年8月、マラッカのバスターミナル(写真①)からクアラルンプールのプドゥラヤ・バスステーションへ移動。YMCAホステル(写真②)で泊まる。翌日、前日にマラッカからのバスで隣り合わせた女子学生と、その友人の女子学生の、ふたりの案内で、クアラルンプール市内を巡る。正確には思い出せないが、バトゥー洞窟(写真③)、国家記念碑(写真④)、国立博物館(写真⑤)などへ行く。翌日以降ひとりで、マレー鉄道事務局ビル(写真⑥)、国立モスク、旧連邦事務局ビル(写真⑦)、マスジッド・ジャメ(モスク、写真⑧)などを訪れる。数日間滞在したのち、クアラルンプール鉄道駅(写真⑨)からタイのバンコクへ寝台列車で向かう。マレーシアではひとりの日本人にも出会わなかった(少なくとも気がつかなかった)。はじめてイスラム文化や植民地文化などの異文化に触れたが、その体験は鮮烈であった。

1974年当時、私は東南アジアの経済について勉強をしていた。とくに、シンガポール・マレーシア・タイ・ベトナム。2007年と2008年にも、合計5週間ほどシンガポールとマレーシアに滞在した。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント