FC2ブログ

東日本大震災からの復興(3)~大槌町・山田町・宮古市

1.大槌町
①大槌町語り部ガイドツアー(岩手県大槌町)
陸前高田市に続いて大槌町でも語り部ガイドツアーに参加した。いずれのツアーも、ひとりでも参加できる(私もひとりで案内してもらった)。大槌町では、自身も被災され、自宅を失ったガイドの方(赤崎幾哉さん)の案内で被災地をめぐった。震災で自宅を失った赤崎さんは、元の土地に自宅を再建したため、2重にローンを背負っておられる。
 「震災によって発生した津波は、そんな町(大槌町)の大半をほぼ壊滅させ、町庁舎にいた町長をはじめ、多くの職員も行方不明となり、行政機能は麻痺。その後の火災によりさらに被害は広がり、数日の間、町は外部から孤立した状態にな」った(NHK東日本大震災アーカイブス 岩手県大槌町)。
②被災した大槌町の庁舎
大槌町旧庁舎
③急坂の上の避難先
江岸寺(こうがんじ)の墓石が並んだ斜面(墓地、下の写真)の上が避難先になっていて、地震発生後、住民が次々と避難してきた。高齢者や足の悪い人たちもこの急な斜面を登らなければならなかった(赤崎幾哉さんの話)。
大槌町急坂の上の避難先
④大槌町城山公園(中央公民館付近)から見た被災地
22mを超える津波が大槌町の中心部を襲った。復興の進捗状況は「50パーセントくらい」という(赤崎幾哉さんの話)。
大槌町城山公園
<地図>大槌町
大槌町地図
2.山田町
①JR陸中山田駅(岩手県山田町)
「JR東日本は2014年3月に宮古-釜石間の鉄道全線を復旧した上で、運行事業を三陸鉄道に、鉄道施設を沿線4市町に無償譲渡し経営移管すると発表した。……JR東日本は2015年3月から復旧工事を実施しており、2018年度には全線復旧する予定」(注1)。
下の写真右上が(再建中の)陸中山田駅。新陸中山田駅の(写真)左側で地盤を盛土する工事が行われている。新駅は「旧駅から数百メートルほど移動」し、山田線(宮古~釜石間)は「三陸鉄道の路線として復旧すること」になった(注2)。新駅周辺は、「中心市街地」として、「商店、飲食店やサービス施設、宿泊施設など様々な施設を誘導し、賑わいのある空間づくりを目指」している(注3)。
JR山田駅
②陸中山田駅近くから見た防潮堤
 防潮堤の向こうにある海(山田湾)はまったく見えない。
山田駅付近防潮堤
<地図>陸中山田駅(山田町)
山田町地図
<注>
①鉄道チャンネルニュース「JR東日本 山田線宮古-釜石間復旧工事の進捗を発表
②ABABA’sノート「山田線の復旧工事進む
③山田町「まちなか再生計画
<参考>
JR陸中山田駅被災の様子①
JR陸中山田駅被災の様子②

3.宮古市
①閉伊川(へいがわ)水門(岩手県宮古市宮古港)
「閉伊川河口部に、海岸沿いに整備される防潮堤と一体となって津波から市街地を守る防潮水門の建設が進められてい」る(閉伊川災害復旧水門工事)。
宮古市閉伊川水門1
宮古市閉伊川水門2
<地図>宮古市閉伊川
宮古市地図
<参考>
閉伊川河川災害復旧
<地図>
岩手県 宮古市・山田町・大槌町
岩手県三陸海岸北部地図
②東日本大震災からの復興~最後に
最後に塩崎賢明著『復興〈災害〉―阪神・淡路大震災と東日本大震災 』(2014年)から、とびとびではあるが引用しておくことにする。「復興施策の貧困さや誤りは、被災者に新たに悲劇をもたらす……。」著者はこれを「復興『災害』」と呼んでいる。2013年12月に「国土強靭化基本法」が成立した。この「国土強靭化の主眼は東日本大震災や今後の大規模災害の被害に対する国民のおそれを最大限に利用して、その防止を旗印にあらゆる分野でハード整備の事業を展開しようというところにある。今後10年間で200兆円といった大規模な公共事業を推進しようとするものである。……これから先、毎年20兆円もの公共事業を続けていくだけの財政力が果たしてあるのか、大いに疑問である。」阪神・淡路大震災ばかりでなく、東日本大震災でも「震災復興のための予算が復興以外の事業に流用されて」いる。「東日本大震災の復興を確実にするためにも、またこの国の運営を確かなものにするためにも、政治・行財政への国民の監視・関与を強めなくてはならない。」
日本経済新聞によると、国債などの「『国の借金』の残高が、2013年6月末時点で1000兆円を突破」し、「国民1人あたり約792万円の借金を抱えていることになる」という(2013年8月10日)。国債の発行は税金の「先取り」である。今後発行される国債を無視しても、「これから」国民は1000兆円を超える借金を税金などで「返済」しなくてはならない。4人家族なら、およそ3200万円にもなる。なぜこのような事態に立ち至ったのか。このことを究明することなしに、景気対策や国土強靭化と称して国債を発行し続けてはいけない(じっさい「公共事業」はこれまで、政権の「維持」をはかる手段でもあった。景気対策と称して優先度の低い公共事業が行われていないだろうか)。本当に必要なところに、かつ無駄なく税金が使われているのか、私たちは常に監視し続けなければならない。そうしなければ、私たちの後の世代に膨大な借金を背負わすことになることを知っておくべきだ。

東日本大震災からの復興で感じたこと……。「人の生活」の回復よりも、「インフラ整備」が優先されていないか、を問う旅であった。
<参考>
yokoblueplanetさんのブログから「東北地方太平洋沖地震/津波」をリンクさせていただいた。震災5ヶ月後、7ヶ月後の状況を知ることができる。
東北地方太平洋沖地震/津波 5ヶ月後の報告
東北地方太平洋沖地震/津波 7ヶ月後の報告
スポンサーサイト

コメント

塩崎賢明著『復興〈災害〉―阪神・淡路大震災と東日本大震災 』(2014年)

こんにちは。
東北関連の記事のご紹介、ありがとうございます!
新たに建設されている防潮堤の姿を見ながら、まるで塩崎さんの言葉がそのまま眼前に形となって出現したような、、、とちょっとめまいを感じるような光景です。
海の側に住んでいるのに、その姿も見えない。20m、場所によっては40mに達したと言われる津波、そして海の様子を見ながら生活してきた方々にとって、果たしてこれらの防潮堤はどんな意味を持つのか、考え込んでしまいます。
すべてが多くの人々が求める国の姿に逆行しているような日本の今、これからの日本の姿について一人一人がしっかり考え行動しなければならない時ですね。
復興の最新の様子のご紹介、ありがとうございました。

Re: 塩崎賢明著『復興〈災害〉―阪神・淡路大震災と東日本大震災 』(2014年)

いつも貴重なコメント、ありがとうございます。
ブログ「東北地方太平洋沖地震/津波」の記事をリンクさせていただき、改めてありがとうございました。
震災直後(2011年5月と7月)の写真を見ると、被害の大きさに驚愕します。
被災者や地元の人たちの意見を尊重して、「人も町も」できるだけはやく復興が進むことを祈ります。
非公開コメント