FC2ブログ

晩秋の公園(3)

東京都の紅葉の見ごろは例年、(11月下旬から)12月初旬である。以下の写真は11月29日と12月3日に撮影した。
1.都立井の頭恩賜公園(東京都武蔵野市)
井の頭恩賜公園は、「日本で最初の郊外公園で、大正6年<1917年>5月1日に開園し、平成29年<2017年>5月1日には開園100周年を迎え」た。「園内は、井の頭池とその周辺、雑木林と自然文化園がある御殿山、そして運動施設のある西園と、西園の南東にある第二公園の4区域に分かれてい」る。「井の頭池は神田川の水源で、江戸時代は神田上水として江戸の人々の飲み水で」あった。(東京都公園協会「井の頭恩賜公園」ホームページより)
井の頭公園1
井の頭公園2

2.都立武蔵野公園(東京都府中市)
都立多磨霊園の北東、府中運転免許場の東に位置し、公園内には野川が流れている。「野川に沿って残る草原や雑木林を配した、野趣に富んだ公園。東京都の各公園や街路に植える苗木を育てる苗圃(びょうほ)をもち、散歩しながら木々の育成の様子を観察することができ」る。東隣りには都立野川公園がある。「野川公園の前身は、国際基督教大学のゴルフ場で」、「昭和49年<1974年>からゴルフ場を買収し、その周辺の神代植物公園、武蔵野公園、多磨霊園、調布飛行場、浅間山公園、府中の森公園などの緑地を含め『武蔵野の森構想』のもとに造成を行い、昭和55年<1980年>6月に開園」された。(「むさしのの都立公園」ホームページより)
武蔵野公園1
武蔵野公園2
武蔵野公園3
スポンサーサイト

コメント

こんばんは~♪

いつも興味深く拝見させていただいてます。
また拙ブログへのご訪問と拍手 いつもありがとうございます。

二つの公園とも以前は自転車でよく走って行きました。
日立中研と武蔵国分寺/お鷹の道のふたつの水源からの流れが合流して野川となりますね。二子玉で多摩川で合流するところまで,当時住んでいた西国分寺から妻と二人で往復ウォーキングしました。5万歩約35kmは相当きつかったです。(^^;

今後ともよろしくお願いします。

Re: こんばんは!

コメント、ありがとうございました。

西国分寺から多摩川と野川が合流するところまで歩かれた、とのこと。35キロ、5万歩はきついですね。
私の最高は1万5000歩くらいですね。計測していないときに、もう少し歩いたことがあるかもしれません。

nanapapaさんのブログ、いつもいろいろな日付のところを見ています。
ありがとうございます。
今後も、nanapapaさんのブログを見させていただきますので、よろしくお願いします。
非公開コメント