FC2ブログ

野火止用水 多摩

野火止用水を訪れるため、西武拝島線玉川上水駅から西武多摩湖線八坂駅まで、およそ2時間半かけて散策した。玉川上水駅を下車するとすぐ目の前が玉川上水。東大和市駅方面に向かってしばらく歩くと、玉川上水と野火止用水の分岐点へ至る(注①)。ここから遊歩道(野火止用水緑道)を歩き東大和市駅へ。さらに歩くと野火止緑地公園。ここに放流口があり、水路の幅が広くなる。この公園には雑木林が広がり、散歩に訪れる人も多い。野火止橋の少し先の「ふれあい橋」付近が一番よく野火止用水を観察できる。「こなら橋」を経由して最終地点の八坂駅まで歩く(注②)。野火止用水は埼玉県志木市の新河岸川(しんがしがわ)へ注ぐが、全域の詳細は「川のプロムナード 野火止用水」(資料①)を読んで欲しい。
 武蔵国多摩郡岸村(現武蔵村山市)の小川九郎兵衛(くろべえ)は、「川越藩主で老中の松平信綱から、西は玉川上水と野火止用水の分岐点より、東は田無方面へ開発するように指示され……<小川村の>開発に着手した。」(資料②)小川村の開拓に尽力した九郎兵衛は、「岸村の禅昌寺(ぜんしょうじ)に葬られたが、後に孫の弥一によって分骨され、小川名主家の菩提寺である……醫王山小川寺(いおうさんしょうせんじ、写真⑤)に……墓が造られ」た。(小平市教育委員会、写真⑥)
玉川上水や野火止用水などの散歩マップ「小平グリーンロード&オープンガーデン」は「小平ふるさと村」でもらうことができる。この「ふるさと村」では「開拓当初の復元住居」などを見学できる。

<写真>
①玉川上水取水口(羽村市)
⇓右側が取水口(第一水門)
玉川上水取水口
②東京都水道局小平監視所
⇓この監視所の役割は「上流から流れてくる落ち葉や枯れ枝などを除塵機(じょじんき)で取り除き、また、沈砂池(ちんさち)で砂を沈めてゴミや砂のない水をコンクリート管を利用して東村山浄水場に送ること」にある(小平監視所前にある案内版より)。
東京都水道局小平監視所
③野火止緑地公園
⇓右側の柵の下が野火止用水
野火止緑地公園
④ふれあい橋
ふれあい橋
⇓ふれあい橋から
ふれあい橋から見た野火止用水
⑤小川寺(しょうせんじ)
⇓正面の建物は本堂
小川寺
⑥小川九郎兵衛の墓
⇓掲示板の写真は禅昌寺(ぜんしょうじ、武蔵村山市)。掲示板そのものは小川寺(しょうせんじ、小平市)にある。
小川九郎兵衛の墓
<注>
①東京都水道局小平監視所の少し先で分岐する。ただ野火止用水は東大和市駅の少し先まで暗渠(あんきょ、地下水路)になっている。暗渠の上は野火止用水緑道として整備されている。
②明治学院東村山高校のあたりから再び暗渠となる。

<地図>
⇓野火止用水(玉川上水駅~東大和市駅~八坂駅方面)
野火止用水地図201802
<資料>
①「野火止用水」(川のプロムナード 河川や用水・川跡のお散歩ガイド)
②小平市教育委員会『郷土こだいら』(1978年)
③安富六郎著『武蔵野・江戸を潤した多摩川: 多摩川・上水徒歩思考』(2015年)
スポンサーサイト

コメント

No title

明学の暗渠が終わった辺りから途中車が通れるぐらいの幅になるまで
超狭い道になります
紫陽花が咲く箇所もあって季節を感じながら
用水路脇の道を八坂までよく自転車で走りました
懐かしい道です

No title

いつも訪問していただき、ありがとうございます。
野火止用水は名前を知っている程度でしたので、今回いろいろ調べてみました。もちろん用水路に沿って散策したのも初めてです。
八坂駅の前の(府中街道)道路はときどき車で走るのですが、駅そのものは、今回初めて利用しました。長く東京に住んでいても、知らない所が多いのに驚きます。
非公開コメント