FC2ブログ

冬の公園(3) 水元公園

東京都立水元(みずもと)公園は、「東京都の東部、葛飾区に位置し、埼玉県(三郷市)に接している都内最大の水郷公園……。園内は、豊かな森林の趣と貴重な水生植物を擁する水郷風景を楽しめる。高さ20mにも達する200本のポプラ並木<1.2㎞に及ぶ並木道>や生きている化石として知られるメタセコイヤが約1,800本、都立公園で最大の森を形成」している。(おでかけガイド「水元公園」より)昭和40年(1965年)に開園。昭和43年(1968年)、「明治百年記念事業の一環として明治百年記念公園の指定を受け」た。
この地域の水路は「もともとは古利根川の河川敷」。江戸時代、小合(こあい)村が古利根川の河川敷を「江戸幕府の許可を得て埋め立てて耕作地とし」た。堰止めされた河川は「水を蓄えて」用水池とした(灌漑用水を調整する遊水池)。この用水池を当地では小合溜(こあいだまり、こあいだめ)とか、小合溜井(こあいためい)と呼んでいる。(Wikipedia「水元公園」より)
水元公園の総面積はおよそ86.2ha(東京都立川市にある国営昭和記念公園は同148.7ha)。JR常磐線または東京メトロ千代田線「金町」駅から京成バスに乗車。「水元公園」バス停で下車し、徒歩7分くらい。公園沿いを走る循環バスもあるが、発着時期や曜日・時間帯に注意が必要。駐車場は有料。(東京都公園協会「水元公園」より)

<写真>
⇓左が小合溜(こあいだまり)
水元公園①
⇓もう少し先まで歩くとポプラ並木
水元公園②
⇓以下、メタセコイアの森にて
水元公園③
水元公園⑤
水元公園⑥
水元公園④
水元公園⑦
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント