FC2ブログ

冬の公園(4)別所沼公園 

埼玉県さいたま市にある別所沼の周囲約8万Km2が整備されて別所沼公園となった。現在さいたま市営公園。洪積台地である「大宮台地が侵食されてできた谷底低地(注①)から湧き出した水が溜まり、沼になった」と考えられている。沼の周囲にはラクウショウ(落羽松)が約500本、メタセコイアが約330本植えられている(widipedia「別所沼」より。ラクウショウとメタセコイアの違いは注②を参照)。
沼の周囲を走れるジョギングコースや遊び場(児童広場など)が整備され、日曜や祭日に家族連れで賑わう。また多くの人が釣りに興じている。別所沼公園へは、JR埼京線中浦和駅から徒歩で7分くらい。駐車場は狭く、約25台分しかない。(彩の国埼玉情報サイト「さいたまなび」の「別所沼公園」より)
<注>①谷底低地…台地が、谷の中を流れる河川によって、側方に侵食されてできた低地。
②ラクウショウとメタセコイアの見分け方…ともにヒノキ科・落葉針葉樹で、見た目は似ている。「枝葉のつきかたと果実」で見分けられる。ラクウショウ(落羽松)は「松」の仲間ではなく、ヒノキ科ヌマスギ(沼杉)属。林将之監修『葉っぱで見分け五感で楽しむ樹林図鑑』を参照したが、ブログ「だんじりのまち大阪府岸和田市の樹木図鑑」も見て欲しい。写真などで詳しく説明されている。

<写真>
①左下に見える噴水のある場所が別所沼
別所沼公園1
②別所沼の周囲をめぐる遊歩道
別所沼公園2
別所沼公園3
③別所沼
別所沼公園4
別所沼公園5
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント